J2清水は11日の31節終了時点で、リーグ最多の60得点を挙げている。1試合平均1・93点は、昨季J2でトップだった大宮と磐田の1・71点を上回る。“日替わりヒーロー”的に得点者が現れる好循環。けがから復帰したエース大前も加わり、さらに力強さを増した攻撃力でJ1昇格へ残り11試合に臨む。

 前節11日の山形戦。立ち上がりは相手の出足に手を焼いたが、松原の左クロスに合わせた枝村が先制点を決めた。「誰が決めるかは関係ない。パスやクロスに対し、前線の選手はいい位置に入る準備をすることが大事。それが今はできている」と枝村。3日の天皇杯2回戦水戸戦に続く公式戦2試合連続得点だった。
<...    
<記事全文を読む>