山口県は20日開会予定の県議会9月定例会に、約128億3100万円追加する大型の本年度一般会計補正予算案を提案する。 国の経済対策で見込まれる補助公共事業費や直轄事業負担金として123億500万円を計上。下関漁港の改修、農地の区画整理、道路改良、河川改修などの公共工事に充てる。 補正予算案はこのほか、サッカーJ2のレノファ山口がJ1ライセンスを取得するために必要な、本拠地・維新百年記念公園陸上競技場の改修事業費に6700万円を計上。1万4775席ある観客用の座席を約340席増やし、メインスタンドの一部に雨よけのひさしを設置する。 新たに設ける県産業人材確保基金の積立金3600万...    
<記事全文を読む>