Jリーグは13日、8月の月間MVPを発表し、J2はザスパクサツ群馬のMF松下裕樹が受賞した。個人としてもクラブとしても初の快挙。同月に行われた全4試合にフル出場してチームの負けなしに貢献し、第28節カマタマーレ讃岐戦(8月11日)で決めた40.4メートルのロングシュートが評価された。

...    
<記事全文を読む>