明治安田J2第31節は11日、各地で11試合を行い、16位ロアッソ熊本は松山市のニンジニアスタジアムで12位愛媛に0-1で敗れた。リーグ戦5連敗で通算9勝6分け16敗で勝ち点33は変わらず、17位に後退した。

 熊本は練習でもあまり試していない4-1-4-1の布陣で、中盤の底に出場停止明けのMF金泰延(キム・テヨン)を起用。前半2分、クリアしたこぼれ球を相手MF内田健太に左足で決められ先制された。後半は、FW平繁龍一、MF菅沼実、FW巻誠一郎と攻撃的な選手を相次いで投入したが、ゴールを奪えずに逃げ切られた。

 他会場は、首位札幌が熊本と勝ち点で並ぶ15位群馬に3-1で快勝。19位讃岐と最下...    
<記事全文を読む>