明治安田J2第31節(11日・キンチョウスタジアムほか=11試合)V・ファーレン長崎は3位のC大阪に0-2で敗れた。通算成績は9勝12分け10敗(勝ち点39)で、順位は11位から13位に後退した。

 首位の札幌は群馬に3-1で快勝。2位松本も京都を2-0で下し、上位6チームに順位の変動はなかった。

 V長崎は後半11分、セットプレーから一瞬の隙を突かれて失点。その後もC大阪に主導権を握られ、ロスタイムに追加点を許した。

 第32節は18日、各地で11試合を実施。V長崎は午後7時半から、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で札幌と対戦する。

...    
<記事全文を読む>