明治安田J2第31節(11日・Pikaraスタジアムほか=11試合)カマタマーレ讃岐は金沢と1―1で引き分けた。勝ち点を31とし、順位は19位で変わらず。首位の札幌は都倉の2得点などで群馬に3―1で快勝し、勝ち点を69とした。2位の松本は京都を2―0で下して60、3位のC大阪も長崎に2―0で勝って57で続く。次節は18日に各地であり、カマタマーレは東京都の味の素フィールド西が丘で16位東京Vと対戦する。

 【評】数的不利になったカマタマーレは圧倒的に攻められ続けた中、最後まで集中力を切らさず引き分けに持ち込んだ。

 前半4分、左サイドのMF仲間が上げたクロスのこぼれ球にFW木島徹が反応して...    
<記事全文を読む>