11日の群馬戦に出場した先発組はリカバリーを、控え組は札大と練習試合を行った。右太もも裏肉離れから8月30日に全体合流したDF進藤亮佑(20)が、3バックの左で45分間出場し、実戦復帰を果たした。残る11試合のリーグ終盤戦に絡んでいけるよう、前半戦に見せた積極的な攻撃参加で猛アピールする。

 約2カ月ぶりの実戦を終えた進藤は「まだ100%じゃないけど、30分で上がってもいいくらいの走る量や、攻守の切り替えを意識して臨んだ。思ったよりやれたし、順調にきている」。

 開幕戦から連続して3バック右で先発し、19戦に出場した2年目の新鋭。7月3日のけが以降は鳥栖から移籍してきたDF菊地が台頭し、危...    
<記事全文を読む>