サッカーJ2は第31節の11日、各地で11試合を行う。18位のモンテディオ山形は午後6時から静岡市のIAIスタジアム日本平で5位の清水と対戦する。相手はリーグ屈指の攻撃力を誇る難敵。山形はJ2群馬を5―0と圧倒した天皇杯2回戦のように、攻守に全体が連動し、勝ち点3をもぎ取りたい。

 清水を率いるのは、かつて山形を指揮した小林伸二監督。FW鄭大世はポストプレーとDFラインの裏に抜ける動きの両方に優れ、ほかにも能力の高い選手を擁する。連係面では特に、クロスに中央で合わせるプレーの質が高い。過去に山形に所属したFW長谷川悠、DF金範容らも所属。第17節に負傷離脱したエースFW大前元紀が8日の練...    
<記事全文を読む>