明治安田J2第31節(11日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=11試合)水戸は1-1で東京Vと引き分けた。通算成績は8勝13分け10敗、勝ち点37で順位は14位のまま。水戸は前半27分、ゴール前に送られた速いボールをDFがクリアミスし失点。攻勢を強めた後半は、3分に相手GKのパスをカットした船谷がダイレクトでシュートし、同点に追い付いた。首位の札幌は都倉の2得点などで群馬に3-1で快勝し、勝ち点を69とした。2位の松本は京都を2-0で下して60、3位のC大阪も長崎に2-0で勝って57で続く。■水戸・西ケ谷監督連戦でフィジカル的に厳しい中、勝ち点が取れたことは大事にしたい。チーム全体でラ...    
<記事全文を読む>