サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第3日は3日、名古屋市港サッカー場などで2回戦20試合が行われ、初戦となったJ1勢のうち名古屋などが敗れて姿を消す波乱があった。

 J3の大分は甲府市の山梨中銀スタジアムでJ1甲府と対戦した。0―0のまま延長戦でも決着はつかなかったが、大分がPK戦を制し、3回戦進出を決めた。大分は天皇杯3回戦の22日午後3時から、同スタジアムでJ2清水と対戦する。

 大分の次の試合はJ3リーグ第21節で、11日午後3時から相模原市の相模原ギオンスタジアムで、相模原と対戦する。

 県代表のJ3大分がJ1甲府と互角に渡り合い、...    
<記事全文を読む>