サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第3日は3日、全国各地で2回戦20試合が行われた。県代表のFC琉球は佐賀県のベストアメニティスタジアムでJ1のサガン鳥栖(佐賀)と対戦し、1―3で敗れた。琉球は0―2で折り返した後半、さらに1点を追加された後の同21分、MF田辺圭佑が1点を返した。その後は追加点は奪えなかった。初戦となったJ1勢のうち名古屋、仙台、甲府がJ3勢に敗れて姿を消す波乱があった。名古屋は長野(長野)に0―1で惜敗し、仙台は盛岡(岩手)に2―5で大敗。甲府は大分(大分)とのPK戦を落とした。J1年間首位の川崎は秋田(秋...    
<記事全文を読む>