果敢に向かってくる大学生相手に、磐田は苦しんだ。名波監督が「プロらしく勝てなかった内容に不満はある。今日は神奈川大をたたえた方がいいと思う」と認めたほど。それでも勝利を収め、3回戦に駒を進めた。

 貴重な先制点は森島が前半40分に決めた。直前に決定機を外したが、切り替えて集中していた。「1点取らないとリズムができない」。DFに囲まれながら頭でネットを揺らし、勝利への道筋を付けた。

 森島は8月6日のFC東京とのリーグ戦で今季初ゴール。好調を維持し、リーグ戦での出番もあった。ただ、1回戦でライバルの斉藤と中村祐がハットトリック。刺激を受け、「リーグ戦と同じ気持ちで臨んだ」。結果にこだわった...    
<記事全文を読む>