J1仙台のFW金園英学が約半年ぶりの公式戦復帰に向け、アピールしている。両足首を負傷し、4月10日のリーグ戦第1ステージ第6節のG大阪戦後に戦線を離れたストライカーが「勝利に貢献したい」と、今季残り4試合となったチームに活力をもたらす。

 昨季はリーグ戦でチームトップタイの7得点を決めた貴重な点取り屋。シーズン前キャンプで2桁得点を目標に掲げた今季、出場したリーグ戦は5試合のみ。違和感があった足首の症状が悪化し、6月初めまでに両足首の関節内に挟まった軟骨を切除する手術を受けた。

 今月下旬に全体練習に復帰した。26日にユースチームとの実戦形式の練習でゴールを決めた。「調子は実際の試合になっ...    
<記事全文を読む>