J1のアルビレックス新潟が27日、吉田達磨監督の解任を発表した。25日のホーム鹿島戦で今季2度目の4連敗を喫し、年間通算成績は7勝6分け17敗の15位。降格圏16位の名古屋に勝ち点1差に詰め寄られた。就任以来、攻撃的なサッカーを目指しながら、第2ステージは深刻な得点力不足に陥る。最終ラインには負傷者が続出。大一番での勝負弱さを露呈した。理想と現実のギャップにもがいた新潟は、苦境からどう脱するのか。...

...    
<記事全文を読む>