J1広島は11月12日に初戦を迎える天皇杯全日本選手権を視野に、チームの立て直しに着手する。前節の浦和戦の敗戦でチャンピオンシップ(CS)進出が絶望的に。休養明けの28日、森保監督はミーティングで「足を止めれば何も得られない。個とチームの成長を目指してやるぞ」と奮い立たせた。

...    
<記事全文を読む>