J1仙台は24日、第2ステージ第13節ホーム名古屋戦(25日14時・ユアスタ仙台)に向けて、仙台市の紫山サッカー場で約1時間、最終調整した。

 セットプレーの練習では、MF梁勇基が精度の高いクロスを送り、6試合ぶりの先発に向け好調さをアピール。前節甲府戦で同点ゴールを決めたFW西村も、こぼれ球に素早く反応した。DF石川直は足首を負傷し姿を見せなかった。

 名古屋は5勝8分け16敗の勝ち点23で年間16位。第2ステージは1勝3分け8敗の勝ち点6で17位。前々節新潟戦で4カ月ぶりの白星を挙げたが、前節はG大阪に1-3で敗れた。クラブ創設以来初のJ2降格の危機を迎えている。

 仙台は11勝4分け1...    
<記事全文を読む>