サッカーJ1仙台を運営するベガルタ仙台は23日、仙台市青葉区の漁信基ビルで取締役会を開き、2016年度中間決算(2~7月)が、4700万円の赤字になったと報告した。下期は、収入源となるJ1仙台の主催試合(リーグ戦、カップ戦含めて)が14試合だった上期に比べて6試合と少なく、通年では2億円台の赤字を見込む。昨年度に続く2年連続の黒字は難しくなった。

 総収入は12億3500万円。入場料をはじめとした興行収入と広告協賛収入が、それぞれ計画の9割弱と伸び悩んだ。グッズ販売も計画の67%にとどまった。一方、総支出は12億8200万円。各種収入の減少に伴い事業経費が計画を大幅に下回ったものの、選手...    
<記事全文を読む>