J1磐田の2年目DF石田崚真(20)が頭角を現してきた。天皇杯1、2回戦で2試合連続アシストを決め、17日の鹿島戦でJ1リーグ戦初先発を飾った。世代別日本代表経験のある期待の若手が、リーグ戦残り5試合での先発定着を狙う。

 磐田ユース出身の石田は、豊富な運動量とスピードが持ち味のサイドバック。3バックを採用する今季は一列前のウイングバックでの起用も多い。鹿島戦は開始早々に果敢な攻撃参加で決定機を演出した。上々の出来だったが、「ここで満足していては駄目。もっと上を目指したい」と気持ちを引き締めた。

 公式戦の出場を重ね、向上心も増している。「今までは『アシストしたい』と言ってきたが、ゴールも...    
<記事全文を読む>