エースがチームを4年連続の16強に導いた。鳥栖はFW豊田のPKで先制点を奪って勢いをつかみ、懸命な守りでしのいでC大阪を完封。リーグ戦の次節大宮戦が累積警告で出場停止となる豊田は、「きょうしっかりやろうと思っていた」とうなずいた。

 前半31分。MF福田のクロスを遠いサイドで待ち、エリア内で倒されてPKを獲得。蹴る直前には相手DF茂庭に「今までになかった」(豊田)ほど罵倒された上、味方がラインから飛び出してやり直しになる“アクシデント”。それでも「逆に緊張がなくなった」と、冷静にゴール左隅を射止めた。

 この試合で豊田が放ったシュートはチーム最多の4本。相手GKの好守に阻まれるなどしてPK...    
<記事全文を読む>