第96回サッカー天皇杯全日本選手権の第5日は22日、高知市の春野陸上競技場などで3回戦12試合が行われ日本フットボールリーグ(JFL)のホンダFC(静岡)がJ3盛岡(岩手)を2―1で破って16強入りした。

 高知市の春野陸上競技場で行われた横浜Fマリノス(J1)―東京ヴェルディ(J2)は、Jチームの真剣なプレーをこの目で見ようと、5733人のサッカーファンが集まった。高知県でJ1チームが戦うのは14年ぶりで、Jリーガーの華麗なドリブルや巧みなパス回しに、競技場は大歓声に包まれた。

 試合は前半18分、ゴールまで約30メートルのフリーキックを中村俊輔選手が直接決めて横浜F・マリノスが先制した...    
<記事全文を読む>