J1広島は25日の浦和戦に、サイドMFの攻防を鍵とする。敵将は前広島のペトロビッチ監督で、ともに両サイドの運動量が攻守のポイントとなる布陣。柏は「浦和もサイドが生命線だと思っているはず」とフル回転し、突破口となる構えだ。

...    
<記事全文を読む>