明治安田生命J1リーグ戦第2ステージ第12節は17日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで9試合があった。サガン鳥栖はサンフレッチェ広島に2-3で惜敗、6勝3分け3敗(勝ち点21)で7位に後退した。通算成績は10勝8分け11敗(勝ち点38)で順位は11位のまま。

 鳥栖は3点を先行された後、DF谷口、MF金民友(キム・ミヌ)が得点。最後まで追いすがったが、及ばなかった。

 浦和はFC東京に逆転勝ちし、勝ち点28で首位に立った。G大阪は名古屋を退け、26で2位に浮上。年間1位の川崎は大宮に逆転負けし25で3位に後退した。横浜Mは新潟に3-1で快勝、引き分けた神戸、柏と23で並んだ。鹿島は...    
<記事全文を読む>