サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ戦第2ステージ第11節で浦和レッズに0-2で敗れた。ステージ優勝争いから一歩後退する結果となった一戦を、MF高橋義希選手にふり返ってもらった。

 前半の残り5分が試合を左右した。それまではお互いに決定機らしい決定機もなかったが、浦和のホームで2点差をつけられてしまうと厳しい試合になる。

 狙い通りにいったところといかなかった部分があった。失点した場面を含め、DFラインがマークを外されてドリブルされたのは厳しかった。

 後半は点を取りに行かなければいけなかったが、これ以上失点すると試合が決まる状況で前掛かりになりすぎず、バランスを大事にした。終盤は前掛かりにな...    
<記事全文を読む>