プロ2年目の西村に、リーグ戦初先発の好機が巡ってきた。ウイルソンが直前の練習で左太もも付近の違和感を訴えたため、2トップの一角で出場することが濃厚だ。「若さを前面に出して、ゴールにがつがつ攻め込む」と闘志を燃やす。

 15日の紅白戦。「ハモンロペスのクロスに合わせることを意識した」と、守備の背後から素早くゴール前に抜け出し、好機をつくった。前後左右にも動き回り守備を翻弄(ほんろう)。持ち前の積極性を見せた。

 「まだミスは多いが、試合中に周囲を見られるようになってきた」と自信をのぞかせる。昨季はリーグ戦出場がなかったが、今季はこれまで7試合、計71分間出場した。少ない出番を着実に成長につな...    
<記事全文を読む>