明治安田J1第2ステージ第11節(10日・川崎市等々力陸上競技場ほか=9試合)年間順位1位の川崎は福岡を3-1で下し、同2位の浦和は鳥栖に2-0で快勝した。ともに第2ステージの勝ち点を25とし、総得点で上回る川崎がステージ首位も守った。福岡は5連敗。G大阪は甲府に2-1で逆転勝ちし、同23で3位に浮上した。

 神戸は磐田を4-3で下して4連勝。鹿島に2-0で勝った柏とともに、勝ち点を22に伸ばした。DF闘莉王が復帰した名古屋は新潟に1-0で競り勝ち、19試合ぶりの勝利を挙げた。横浜Mは仙台、大宮は広島を下した。FC東京に完敗した湘南は9連敗。◆好調攻撃陣、勢い止まらず 自慢の攻撃力を、こ...    
<記事全文を読む>