明治安田J2第33節第1日(25日、シティライトスタジアムほか=10試合)ファジアーノ岡山はホームで長崎と0―0で引き分けた。勝ち点58(16勝10分け7敗)とし、4位に浮上した。

 松本が清水を1―0で下して勝ち点を64に伸ばし、2位を守った。讃岐は横浜Cを1―0で下し、ファジアーノが次節アウェーで対戦する岐阜は山口に3―2で勝った。首位の札幌は26日に町田と対戦する。岡山0―0長崎前半0―0後半0―0岡山16勝10分け7敗(58)長崎9勝14分け10敗(41) 【評】ファジアーノ岡山はスコアレスドローに終わった。敵陣でボールを運ぶ時間が増えた後半、MF矢島のミドルシュートやMF片山の...    
<記事全文を読む>