元サッカー日本代表で現在は解説者として活躍する宮沢ミシェルさん(53)によるサッカー教室が15日、香川県高松市一宮町の高松南高校であり、同校のサッカー部員約60人が一流の技術を学んだ。

 部活動に励む高校生を応援しようと、大塚製薬(東京)が昨年から全国で行っている「ブカツ応援キャラバン」の一環。同校サッカー部が昨年、全国選手権県大会など県内の高校主要3大会を制したことなどが評価され実施が決まった。

 教室ではパスやシュートのほか、ボール保持率を高める位置取りなどの練習を実施。実戦形式のシュート練習は、攻撃陣と守備陣に分かれた生徒が激しい攻防を見せ、宮沢さんは「ダイレクトでプレーして」「シュ...    
<記事全文を読む>