終盤、静まりかえる仙台サポーターをよそに、敵地に乗り込んできた盛岡サポーターの声援がスタジアムにこだました。仙台はカップ戦を含め、今季最多となる5失点で初戦敗退。試合後は容赦ないブーイングが応援席から浴びせられた。

 前線から人数をかけて来る盛岡の戦い方は分かっていたはずだった。だが、ミスが多い攻撃に迫力はなく、寄せが甘い守備は球際で競り負けた。主将の富田も「リズム、距離感がうまくいかない場面が多かった」と振り返る。

 「原因は慢心かもしれない」と渡辺監督。J3の盛岡相手に気の緩みがあったのか、勝利を義務付けられた圧力に屈したのか、選手間の連動性がなかった。

 前半から隙をとことん突かれた。...    
<記事全文を読む>