福島市の小林香(かおる)市長は二十七日、都庁を訪ね、二〇二〇年東京五輪の追加種目となった野球・ソフトボールの開催地に同市が選ばれるよう、大会組織委員会への推薦を求める小池百合子知事宛ての要望書を提出した。

 小林市長は、要望書を塩見清仁オリンピック・パラリンピック準備局長に手渡し、「震災復興に全力で取り組んでいる。二〇年大会は活性化の素晴らしい機会。福島市は新幹線や東北自動車道などが通り交通の便も良く、プロ野球の公式戦が行われた野球場もある」とアピールした。

 塩見局長は「二〇年大会は復興五輪が原点。市長の思いを組織委員会に伝え、福島の皆さんにどう貢献できるか、考えながらやっていきたい」と...    
<記事全文を読む>