プロ野球・千葉ロッテマリーンズが本拠地とするQVCマリンフィールド(正式名称・千葉マリンスタジアム)の命名権(ネーミングライツ)を取得しているテレビ通販会社「QVCジャパン」(千葉市美浜区)が契約解除を申し入れていた問題で、千葉市は二十七日、QVC社が市と球団に計三億三千万円の違約金を支払うことで合意したと発表した。

 QVC社は二〇一一年三月から二〇年十一月末までの十年間の命名権を持ち、年間二億七千五百万円を市と球団に支払う契約を結んでいた。今年六月、「一定の成果を上げることができた」として市に契約解除を申し入れていた。三者で話し合いを進め、残る四年の契約金の三割にあたる三億三千万円を...    
<記事全文を読む>