台風10号による豪雨災害で、岩手国体軟式野球競技の開催を断念した岩泉町。球場で振る舞う予定だったホルモン鍋の提供も中止となり、関係者は肩を落としている。それでも、有志たちは今夏、知る人ぞ知る岩泉ホルモンのPRに向け、団体を結成したばかり。今後、全国のイベントなどに参加して、町の復興とホルモン鍋を発信していこうと、めげずに前を向く。

 岩泉町のホルモン鍋は現在、町内17店舗で提供される地域のソウルフード。関係者は今年、各店舗を紹介するマップを作ったり、B―1グランプリ出場も見据え「いわいずみ炭鉱ホルモン鍋発掘隊」を結成し、活動を本格化させていた。

 しかし、台風10号の影響で、3、4日に同町...    
<記事全文を読む>