西濃運輸(大垣市)は十三日、硬式野球部のエース佐伯尚治投手(33)が今シーズン限りで引退すると発表した。

 佐伯投手は九州産業大卒業後の二〇〇六年に入社。抜群の制球力と投球術の多彩さが持ち味の右横手で、一四年に都市対抗野球大会でチームが初優勝した際には、最優秀選手に贈られる橋戸賞を受賞した。四強入りした今年の都市対抗でも一回戦と準々決勝の二試合に登板し、ともに完投勝利を収めた。

 佐伯投手は「黒獅子旗獲得を目標に野球を続け、二年前に達成できた。翌年は連覇がかなわず、それ以降少しずつ引退を考えるようになった。今月九日で今シーズンの公式戦を終えて、引退を決断した」とコメントした。

 林教雄監督は...    
<記事全文を読む>