黒部市出身で専修大野球部主将の森山恵佑(けいすけ)外野手(22)=桜井中、石川・星稜高出=が近くプロ志望届を提出することが13日、分かった。10月20日に東京都内で開かれるドラフト会議で指名対象になる。北日本新聞の取材に「指名されれば12球団どこでも入りたい」と語った。

 森山外野手は身長188センチ、体重92キロの左打者でパンチ力が魅力。今春の東都1部春季リーグ戦は全13試合に出場し、43打数14安打の打率3割2分6厘、2本塁打、9打点の好成績を挙げ、外野手では唯一、満票でベストナインに選ばれた。4月21日の日本大戦では中堅に推定135メートルの特大アーチを放った。今月5日に開幕した1...    
<記事全文を読む>