本格的な芋煮会シーズンを迎え、多くのグループでにぎわう山形市の馬見ケ崎川河川敷に11日、元プロ野球の名投手・村田兆治さん(66)が“登板”。マサカリで大木を切り倒すように豪快だ、として異名のあるマサカリ投法を披露した。  左足を高く上げ、打者に背を向けるように体をひねる。体重を支える右足を少し曲げて重心を落とし、ためた力を爆発させて腕を振り下ろすと、目の覚めるような剛球。「マウンドには常に命を懸けて立っていた」との覚悟を裏付けるように屈強な体はまだまだ健在だ。橋の下にブルーシートを敷いた会場は、かつて毎週日曜に投げることで知られた「サンデー兆治」の再来に沸いた。  村田さんは講演で来県...    
<記事全文を読む>