大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第3週第2日は10日、長良川球場で2回戦2試合を行い、朝日大が5-0で岐阜大を下して勝ち点1を手にした。岐聖大は4-0で岐経大に勝利して1勝1敗とし、勝ち点の行方は3回戦に持ち越された。

 朝日大は、技巧派右腕後藤健希(加納高出)に無得点だったが、六回に攻勢。代打川崎公一朗の三塁打を足場に1死二、三塁、代打高橋智也の適時二塁打で2点を先取した。七回にも倉内誠志の適時三塁打などで突き放した。先発越川浩嗣(岐阜第一高出)は初先発で初完封初勝利を挙げた。

 岐聖大は0-0で迎えた六回、2死一、三塁で、安達和貴(山県高出)が左翼に3点...    
<記事全文を読む>