【「日本一」を懸け1日から愛媛戦】 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグのチャンピオンシップ(3戦先勝)第4戦が25日、前橋市の上毛新聞敷島球場で行われ、2勝1敗でシリーズをリードしていた東地区王者の群馬ダイヤモンドペガサスが西地区王者の石川ミリオンスターズを6―2で下し、2年ぶり3度目のリーグ制覇を果たした。群馬は1日から独立リーグ日本一の座を懸け、四国アイランドリーグplusを2連覇した愛媛マンダリンパイレーツとの独立リーググランドチャンピオンシップに臨む。

 前日14得点の群馬は、この日も打線が好調。初回の井野口祐介の先制右越え2ランを皮切りに、三、四回にも2点ずつ奪って大きくリー...    
<記事全文を読む>