雨天中止が決まり、福井市内で最後のミーティングを開いた福井ミラクルエレファンツ。あっけない幕切れだったが、2年ぶりに前後期優勝を逃したことも事実だ。吉竹春樹監督は「まさに『運は天にあり』。前期優勝できていれば2連勝で地区優勝も決まっていた。ルールはルールだし何とも言えない」と現実を受け入れた。

 今振り返れば、前後期を制した石川に4勝10敗2分けと大きく負け越したことが最後まで重く響いた。前期2位で終わった要因には、開幕4連敗と出だしから出遅れたこともあるが、石川に1勝しかできなかったことが痛かった。巻き返しを誓った後期は、8戦連続で2桁被安打を浴びるなど投手陣が踏ん張れず。野手陣も不用...    
<記事全文を読む>