ルートインBCリーグ地区チャンピオンシップ第2戦(19日)西地区は前後期優勝の石川ミリオンスターズが通期勝率2位の福井ミラクルエレファンツと対戦、打線はわずか2安打に抑えられ1-12と大敗、地区優勝は第3戦に持ち越しとなった。

 石川は初回の三家の右前打以降、七回まで無安打に封じられ、三塁も踏めなかった。9点差で迎えた八回、先頭の宮本が中前打で出塁、押し出し四球で1点を返したが、直後に3失点。九回は三者凡退に終わった。

 投手陣は先発の矢部が3回を無失点に抑えたが、2番手西村が五回に1点を許し、六回に継投したベンジャミンが四球などでピンチを招き4失点、その後も、4人が継投したが7失点とピリ...    
<記事全文を読む>