野球の独立リーグ、ルートインBCリーグ東地区の王者を決めるプレーオフ・地区チャンピオンシップ第1戦が16日、前橋市民球場で行われ、レギュラーシーズンを前後期ともに制した群馬ダイヤモンドペガサスが、両期通算2位の福島ホープスに9―2で勝利し、2年ぶりの地区優勝を果たした。群馬は同じく2年ぶりのリーグ制覇を懸け、21日から行われるBCリーグチャンピオンシップで西地区王者と対戦する。福島ホープス(通期2位) 010 000 010―2 013 050 00×―9群馬ダイヤモンドペガサス(通期1位)▽勝 伊藤1試合1勝▽敗 江村1試合1敗▽本塁打 井野口1号(2)、カラバイヨ1号(1)、八木1...    
<記事全文を読む>