プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは13日、金沢市民球場で石川ミリオンスターズ―信濃グランセローズ戦を行い、信濃は6―0で勝った。信濃は後期の全日程を終え、15勝18敗3分けで西地区2位だった。

 信濃は一回、永冨が四球、新村が死球で出塁し、1死後に島袋が死球を受けて満塁。続く大平が右越え本塁打を放ち、4点を先制した。二回には新村がソロ本塁打を放ち、この回までに大量6点のリードを奪った。投手陣は4人の継投で石川を零封。5月11日以来の先発登板となったロンは5回を1安打に抑え、初勝利を挙げた。

 東西両地区のプレーオフは16〜18日に行われる。西地区は金沢市民球場で石川―福井、東地区は...    
<記事全文を読む>