プロ野球・ルートインBCリーグは11日、各地で4試合を行い、西地区2位の富山GRNサンダーバーズは、金沢市民野球場で同地区後期優勝を決めている石川ミリオンスターズと後期最終戦に臨み、5-6でサヨナラ負けした。通算成績は15勝19敗2分けで、同地区2位。

 富山は2点を追う三回、1死一、三塁の好機に野原の犠飛で1点を挙げ、その後も連続安打で好機をつくると、沢田の3点適時二塁打で逆転した。五回に2失点し追い付かれたが、六回に1点を勝ち越して流れを引き寄せた。最終回は板谷が四球などで2死満塁のピンチを招くと、暴投で追い付かれ、さらにサヨナラ打を許した。■先発投手不足響く 総評 西地区最下位に終...    
<記事全文を読む>