ルートインBCリーグは11日、ハードオフ・エコスタジアムで新潟アルビレックスBC-武蔵を行い、新潟は2-3で敗れ、今季最終戦を飾れなかった。後期通算成績は15勝18敗3分けで、前期に続き東地区3位に終わった。

 先発中西は一、二回に、2死から四球や失策が絡んで1点ずつを失ったが、打線は六回、稲葉の2点適時打で追いついた。

 しかし、七回に犠飛で1点を勝ち越されると、その後は毎回走者を出しながらも小刻みな継投で反撃をかわされた。

...    
<記事全文を読む>