プロ野球巨人などで活躍し、史上初の300勝を挙げたビクトル・スタルヒン投手(1916~57年)の生誕100年を記念し、スタルヒンの墓がある横手市雄物川町の野球愛好者がこのほど、スタルヒンが少年期を過ごした北海道旭川市を訪れ同市のチームと試合を行った。

 スタルヒンの妻久仁恵さんが同町出身で、町内の崇念寺に夫妻の墓がある。同町の住民有志でつくる実行委員会はスタルヒンの偉業をたたえ、550歳野球大会「雄物川スタルヒン杯」を横手市内で毎年開催している。

...    
<記事全文を読む>