東北楽天は六回に8得点で突き放して大勝した。連敗を4で止め、今季の5位以上が決まった。1-1の六回、ウィーラーの2点打で勝ち越すと、さらに聖沢諒の適時打などで6点を重ねた。先発塩見貴洋は8回2失点の好投で8勝目を挙げた。

 オリックスは2番手金子千尋が六回に突如崩れるなど投手陣が10失点と大乱調。今季の最下位が確定した。

 オリックス-東北楽天24回戦(楽天12勝11敗1分け、18時、京セラドーム大阪、22,077人)東北楽天 100008100=10オリックス000101000=2(勝)塩見23試合8勝9敗(敗)金子24試合7勝9敗(本)伊藤3号(1)(塩見)=4回、吉田正10号(1)(...    
<記事全文を読む>