プロ野球の楽天は29日、天童市出身の栗原健太内野手(34)=日大山形高出=が今季限りで現役を引退すると発表した。栗原内野手は10月1日に、仙台市のコボスタ宮城で記者会見する。

 栗原内野手は1999年のドラフトで3位指名を受け広島に入団。右の強打者で、主砲として活躍し2006年から4年連続で20本塁打以上をマークした。09年にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選ばれ準決勝と決勝に出場し、世界一を経験した。ゴールデングラブ賞を3回受賞し、11年にはベストナインに選ばれている。

 だが右肘のけがの影響で14年以降は出番がなく、昨秋に16年間在籍した広島を退団。テストを経...    
<記事全文を読む>