東北楽天の美馬学は6回3失点と粘投したが、最少リードで救援陣にマウンドを託さざるを得なかったのが尾を引き、逆転負けで10勝目を逃した。

 六回1死一塁から、1点差に詰め寄られた中島裕之の2ランが痛かった。カウント2-2からボール先行になるのを嫌ったのが裏目に出たという。「一番ストライクにしやすいと思ったカーブが甘く入った。3点リードを守らなければいけなかった」と悔やんだ。

 10月5日、敵地でのロッテ戦に先発し、改めて2桁勝利を目指す。千葉は自身の今季初勝利を無四球完封で手にしたマウンド。「次こそ自分がしっかり投げて勝利に導く」と気を引き締めた。

...    
<記事全文を読む>