千葉ロッテのナバーロが1軍登録され、8月27日以来の出場を果たした。左手首痛の影響でスタメンを外れたデスパイネに代わり「4番・指名打者」で名を連ね、七回の4打席目に左前打を放った。

 実弾所持容疑で逮捕され開幕4週間の出場停止処分を受けたが、この日が79試合目で打率は2割2分前後。大砲として期待されたような活躍はできていない。伊東監督はCSを見据えて、試合前に「この先の使い方を見極めようと思う。これまでと同じなら使えない」と厳しい言葉を口にしていた。

...    
<記事全文を読む>