25年前の優勝争いは無我夢中でプレーした記憶しかない。「先輩に付いていっただけだった」。来た球を打つ。打球が飛んできたら、エラーしないよう懸命に捕る。サインが出たら、がむしゃらに走る。そんな25歳は「難しいことは考えていなかった」。

...    
<記事全文を読む>