東北楽天の後藤光尊内野手(38)と川井貴志投手(40)が来季の戦力構想から外れていることが28日、関係者の話で分かった。ともに現役続行か、引退かは未定という。

 秋田高出の後藤は川崎製鉄千葉を経て2002年にドラフト10巡目でオリックスに入団。巧打の内野手として台頭し、11年に打率3割1分2厘を記録した。13年末に鉄平外野手(現東北楽天ジュニアコーチ)とのトレードで東北楽天入り。2季目の15年は遊撃手として117試合に出場し規定打席に到達。打率2割3分7厘、9本塁打、42打点。今季は50試合で打率2割5分、2本塁打、10打点だった。

 川井は大阪桐蔭高から城西大を経て1999年にドラフト3...    
<記事全文を読む>