東北楽天の栗原健太内野手(34)が28日までに、今季限りで現役を引退する意向を固めた。10月1日にも引退の記者会見を開く。球団は来季の2軍打撃コーチへの就任を打診しており、関係者によると、本人は「前向きに検討している」という。

 栗原は今季、東北楽天にテスト入団した。開幕前に右脚を痛めた影響もあり、1軍での出場はなく、2軍でも47試合で打率1割8分8厘、4本塁打、15打点と振るわなかった。24日、イースタン・リーグのヤクルト戦に出場した後、「戦力になれなかった。悔しい思いはある」と語っていた。

 球団は栗原の練習に取り組む姿勢や豊富な打撃理論を評価し、指導者のポストを用意している。

 栗原は...    
<記事全文を読む>